ライトボディの覚醒ールべライトの馬で行く。

アストロシャーマン・コダマ凛です。

ルバライトートルマリンの海を行く

ルべライトと共に馬で行く
この頃はトルマリンがお気に入りで、星の光を感じる時はトルマリンを並べたくなります。
他の鉱物とは違う働きをトルマリンは行う。
電気石といわれるように、私の肉体とオーラ、エーテルに働きかけて、生命エネルギーの循環をつくりだす。
f:id:torimiko:20150718181039j:image
f:id:torimiko:20150718181045j:image
三枚目の写真の真ん中にあるルベライト
この石を手に入れた時、母らしい存在と馬に乗って走っているビジョンをみました。
それは何代もの前の過去生の体験でもあるようにも思いました。
アストラルの世界の中で私と母が繋がる世界。私の母は私が1歳6か月ぐらいで亡くなっているので、全く顔なども知らないのだけれど
幼い頃から側にいてくれているという感覚がずっとありました。私は幼い頃、絵を描くことが好きで、その時ずっとそばでうまく描けると喜んでくれている、その見守ってくれているという安心は私の心の中に深く根付いているように思います。
ルべライトを眺めていると見えてくるビジョン。
そこはケルトの世界?少し高めの植物が育ち(稲のようにもおもったり、麦)その中を馬に乗って金髪でスカートをはためかして走っていく。
まったく顔も違った。もちろん外国の人である。
丁度タイミングも良くて、ビジョンの中で馬に乗り始めた時期だったので状況も変化していき現実もしっかりと歩みだした。
仕事なども大きく動き出し、タロットカードのペイジとナイトの違いを実感したのもこの時。
やはり徒歩と馬に乗っているのは違うのだ。
タロットでページとナイトの違いは歴然としているんですね。
どこかに行こうとする際、徒歩でいくのか?馬でいけるのかはその距離の進み方は歴然としているでしょう。
もちろん歩かないといけない時もあリますが、この馬に乗ってしっかりと馬と一体感があり、馬の手綱をもって
方向をとり、手なづけることが出来ている肉体感覚は爽快です。
その感覚を持つことで状況が変わり、それまで方向性を整えながら進んできた流れに変化してきました。
自分の向かいたい方向へと進みだしたのです。
徒歩ではなく、馬。
その感覚は肉体と生命感覚を高めてくれたように思います。
エーテル体というライトボディとアストラル、そしてメンタルが魂の方向性と共に進んでいくのを感じ始めた時でした。
あなたも自分自身のライトボディを感じる体験をされてみませんか?

ルべライトは私の中の勇ましいエネルギーを思い出させてくれます。

そして私が自分自身の心身を操っている。

行為の中に迷いがなく、ただ走っていく。

ライトボディには宇宙の歴史、人類の歴史、家族の歴史、そしてあなたの魂とこの世界との交信の記録があり、神話的世界へあなたを進ませて人生の道のりを変化させる力があります。