金星逆行

金星は、6月7日から獅子座に入りましたが、7月25日逆行をし始めました。

6月の真ん中に金星逆行について考えていたにもかかわらず、アップが結局遅れてしまった。


天体は見かけでは逆行をしますが、実際には逆、戻ったりはしないのです。
しかし、逆行するような見かけの運動がどのような影響を与えるのかというと私たちに勘違い、すれ違いなどの心の流れがスムーズにいかないようにも進みます。
そして良き影響も行います。
それは自分がどう捉えられるか、どう捉えるかを認識しないと誰かの言葉や感想を指示されたように支持し自分の考えのようにも感じてしまうことでしょう。
その自分を大事にする感性を瑞々しいものであるように獅子座の金星はより体験を求めてくるのかもしれません。
金星は愛や理想、人間関係、感性を表します。
金星が逆行を開始するとその象徴を表すようなテーマにおいて見直しがかかるでしょう。
過去の出来事の清算やわだかまりなどにスポットライトがあたる可能性もあるかと思います。

人間関係などもいえますが、お金の分野でも停滞や見直しなどもあられるかと。

獅子座に金星があるともしかしてちょっと羽目を外すようなこともあるかと思います。

長期的な関係性を築いていくためのお金の管理についても見直すこと。
自分が好きに使えるお金と長期的な関係、家族の為だったり何らかの長期的な計画のために
どう運用していくのかも考えていかれることも大事ですね。
それは貯金というよりもどう運用するか。管理していくのか?

やはり無理して制限かけて息を殺していくていくということには、そのようなことが自分にフィットしなければ
辛いですからね。
金星は、9月の頭まで逆行を続けます。
獅子座真ん中にある火星と共に天王星とよい角度をとりますので、何らかの恋愛ごとや男女の関係性に
変化がもたらされるのかもしれません。し自営的なお仕事の方、何らかの新しいプロジェクトが進んでいく方も
いらっしゃることでしょう。
より自分から湧き出てくる創造性に身を投げ出していくような様相もあります。

個人個人のホロスコープの中で獅子座はどこにあるのか?どのような変化をもたらすのか?など見ることが必要です。

獅子座的なはじけている、自分から湧き出てくるものを表現しようとすることが苦手な方は
レッスンのチャンスですよ。

もともとネイタルの星の配置にないことをするのはなかなかしんどいですが、
あまりに自分すぎるのも飽きるでしょう?夏が呼んでるぜっていう風にイベントを楽しまれるのも良いですが
なんだか無駄なことをしているような気もする。お金がないっていう方はお伝えしたように見直すことも大事です。

長期的にできないということは整理されていくことが大事かもしれません。

命、時間には限りがありますから。だからこそ楽しもうという意識とのバランスです。

私は6ハウスにあるのでお仕事やなんらか考えていることがあるのですが、少しずつ変化をしていくことでしょう。

ここ数日でちょっと大事にしてきたことを手放そうかと思っていたりもします。

金星的な大事なことよりも、自分としてより使えるものにシフトしていこうかと思い始めました。

どうなるのかなと思いながら、結局力をそこに注がなければ物事は枯れていくのだなということをしみじみと感じるこの頃です。



個人セッションは随時承っております。

水晶球透視講座やタロット複数人も告知しておりますが、プライベートレッスンも承っております。