元伊勢・籠神社・真名井神社

元伊勢とは・・・

天照大神が神宮に鎮座するまでに立ち寄った先を元伊勢と呼ばれています。

天照大神は皇女豊鍬入姫命を御杖代(ミツエシロ)として各地を巡幸し、老年になると倭姫命(ヤマトヒメミコト)に交代。

はじめは三輪大社あたりの笠縫邑から始まり。檜原神社としてある。とてもよい土地ですのでお勧めです。

檜原神社解説

 

どちらも写真撮影が禁止されているので写真はアップできません。

真名井神社は数年前に訪れた際は、禁足地といえども中に入れましたが今回訪れた際は入ることができずになっていました。

確かにあまりに無防備でしたので正しい判断かと。

遠くからでもそのお力は感じ取られて距離ではないというエネルギー、湧き出てくる働きを感じることができます。

 

過去の生活の中でこのエネルギーを発する土地にいくことで

日々の不確かな状況を見えないものとの関わりに繋げていたのでしょう。

 

 籠神社

真名井神社