2016年春分

本日13時30分春分です。

春分は太陽が黄道に戻り、新しい意識の体験を始めるタイミングです。

12サインは地球にいるものの意識を12サインとして表現し、一年かけて私たちは意識の様々な側面を体験します。感情として、感覚として、想念として

様々に12サインそれぞれのそのサインが象徴する体験をぐるりと12か月かけて巡っていくらせん進化のシステムです。

この占星術のシステムは地球世界での決まり事です。

私たちの宇宙意識であることは大事なところです。

 

うお座はその最後のサインで、牡羊座の始まりは霊のままで火のサインらしく燃えております。なので昨日までの一年からは真っ新な流れとなります。が

らせんを描いているのでなくなった訳ではありません。

今回の春分は、

火のサインに滞在天体多し。アセンダントを含めますと太陽と火のグランドトライン。

そして土星と天王星と月の三角ができています。

東京にてホロスコープを出すと太陽は9ハウスASC獅子座の太陽が9ハウス。未知なるものはまだ見ぬ世界でもあり、射手座の火星とよい配置を持っていますので何らかの新しい未分野のことを学んだり、見聞する、旅に出ようと思う方も多いのではないかと思います。

そして、世界は広いな~という風に思ってみることも大事だし、狭い世界に閉じこもらずに自分の意見もどしどし発表してみてください。

 

スピリチュアルなことや目に見えないこと、そして批判しないことも大事です。

批判することで人は自分の境界線を認識することことに走りがちですが

今季は長期的に取り組む学びや自分の活動分野が世界をあいまいにするためにあるとも言えます。

完璧に世界を表すものはありませんし、その時々でしか最良はないということの大事さ。

そして広い世界に真っ新に飛び込んでいくこと。

真っ新なこと、見聞や体験を重要視すること。

そしてもう一つの側面は、

自分自身の価値基準を大事にし、同じ仲間や関わりを大事にしていく流れを形成していってください。

いろんな人と関わることももちろん大事です。だからこそ自分自身もわかりますが違う人とはやはり違うのかなという冷静なところで寸止める。

多面性、多様性を大事にすること。

違いを埋めることで過去にとどまらないようにいたしましょう。

 

自分の中にあるビジョンを大事にしその熟成を待ちましょう。

ご自分のより潜在性が浮上してくることの喜びに時間をかける、よそ見よそ見の多様性で取り組みましょう。