タロットは当たるのですか?当たらないのですか?

実はタロットは今必要なことを伝えているけれど、そのカードの展開をうまく読み解けるのか?ということがとても難しい作業なのだと思います。

 

 

自分のことを責める人は事実でないのにずっと自分はダメであるといいながら落ち込んでいるようなものですね。

 

なのでタロットは当たっている。当たるタロットを出せるかどうかということは占い師としては大事なことなのだと思います。

 

今、とても大変で時期的な要素も含めて、タロットで出してお伝えしていかねばならない場合はどうしても情報を引っ張ってこないといけない。

 

そんな人に当たらないとか関係ないとは言えないという現場の事情もあります。

 

そのカードのかたること、開かせてくれたビジョンをよく観察することで知らぬ間に当たっているタロット。

 

当てることや納得させることが目的でもないです。ただカードを開いて並べてそれを律儀に読むことによって当たっているということが言えます。

 

未来を伝えることが重要でもないような感じの時は読み解くことで現状認識が生まれて

お悩みが解放される方も多いでしょうし、過去のことを読み解いてあげることで過去を過去にできるきっかけにしてくださる場合もあるでしょう。

 

悩みや苦しみは過去が今に。未来という不確かさのある状態が今に

ごちゃごちゃしてしまってどこに自分がいるのかわからないと言う状態ですから。

 

いろんな風にタロットはその方に必要なことを伝えている、それはカードの並びで読み解くのですから

カードをしっかりと覚えて言葉を繋げてお伝えする。

 

初めはその作業がとても難しいですが、だんだんとカード出す前からわかったり

カードを開いたときに言葉や状況が浮かんだりする直観として与えられてきます。

 

しかし、カードを読み解くことはある程度大事ですよね。でもカードを読むだけではわからないことは見えないエネルギーの場としてそこに発生し

それを瞬時に掴んで伝えることはタロットの極意として楽しいことだと思います。

 

ちょっとしたホログラフィックな像として感じたりもします。まるでアラジンの魔法のランプのようでもあります。

 

まずは、

クライアントがお越し下さりタロットの山を分けて、その分けたところから始まるいま、過去、未来のただその時空をタロットが語りかけてくることを語る。

伝える。

 

ただ読み解くことが大事なのです。

 

読み解いたことがクライアント様の潜在意識に働きかけて、心深くに留まっていた気づきを喚起する場合もありますし、

わかっていたことや目をそらそうと思っていたことに光をなげかけて未来の変更が促される場合も多いです。

 

 

当たらなくてもいいということであるなら、それはカウンセリング的な要素だったり、カウンセリング的な要素ですよね。

 

 

出来たら未来の可能性をひらいてほしい。 見過ごして通り過ぎてしまいそうになる見捨てられた集積を大事に集めて大きな可能性にして欲しい。

 

自分の人生の光に射抜かれて欲しい。

 

というのもこちらのお節介なのかもしれない訳です。

 

ただ、ただその方が本当に求めている情報をお伝えすることが

タロットを読むことで必要なことなのかと思います。

 

 

人と人とが向かい合ってお互いのオーラが混じっているということからしても

すでに私はその方に影響を与えてしまっているし、それを求めて来てくださっている

そこに真摯にむかいあうしかないのかなと。

 

周りの人間の欲望の堆積に埋められずに、あなたをみつけて差し込んでくる光に射抜かれて欲しい。

この地球ではなかなかそれは難しいと言うことなんだろうけど。

霊的な存在の視点から見たらありです。

 

 

その光はあなたの未来からの導きですから。 誰でもなく、過去、と未来をつなぎ 体験と魂、霊を繋ぐ生命の光ですからね!

 

誰かになにかしてもらおうなんでいつまでも待っていたら意地悪な人や意気地なしな、自分の意気地ないところを直そうなんておもっていたら

つまでも何も起こりません。留めるために行っているのだから。

 

 

 心を強く自分を生きるにはあなたしか決断できない。

 

よくあるのがお悩みのことであるのが

 

今している仕事を辞めたい。こんなことをしていていいのか?っていう疑問を持ってしまって進退で困っている

 

という場合、

 

その仕事はそれほど人生に大事ではないから別に辞めても、辞めなくてもいい。

第一そのようなことを今考えていることではなくて

別のことを準備する時期なので続けていてもいいんでないかなということがあります。

辞めたらまたその仕事に就くことに対して考えないといけなくなるんだから、また今取り組もうとしていることが遠回しになるよってことなんです。

 

それでも辞められる方もいると思います。

自分がしたいという感情の部分を重要視すると自分が望むことが大事に思うので

本当に望む核心的なことよりも外堀の部分ばかりに取り組まないといけない状況を

作ってしまうのかもしれません。

 

結局人生いつまでたっても肝心なことが始めれないというサイクルにはまり込んでしまう。

 

う~、耳が痛いですね。本当に人生はそれほどそういうことばかりが大事じゃないから

今必要なこと。目の前のことも大事にしてくださいね。

 

今、不服なことをしていると

よいことを逃がすのでないかな?という気持ちがあるということなのでしょう。

 

しかし、人生はそこまで重要なことはなくて、重要なことに取り組むための些細なことも大事にしていくことも大事なのだと思います。

 

自分が大事だと思うようなこと以外はすべてがノイズって思うこと自体も

人生の喜びを汚してしまうのかもしれませんね。

 

ライフ イズ ビューティフルですから。