水晶球透視と出会うまで。

My Work 1

物心つく頃に一番はじめになりたかった職業は、指揮者か画家でした。

画家は絵を描くのが得意で褒められたということもあると思うのですが、

ただ一人で頭の中で絵を描きながら物語を考えるのが好きだったのです。

大人になって行くにつれて、物語に興味があり本を読むことが好きになっていきました。

 

これは大人になっても本好きとなっていくのですが。

双子座に水星もあるため、本好きにもなります。そして雑多なのです。

 

雑多に興味をもっていろんな分野を読むようになりました。

 

生物学や植物のこと、小説なども含めて目の前にある本など新聞も文字があれば

読むことが楽しくなっていったのです。

 

この資質はいろんなことに焦点を合わせて、興味を持ってリーディングするという

資質にもなっているように思います。

 

幼い頃に祖母がいった理解したいことがあったら、穴があくほど見なさいと言う言葉が今でも時々思い出すのです。

 

勉強などでは見つめたからといって何かがわかるとは実は思いませんが(笑)

私がしていること、ライフワークである精神世界を探求するという

第3の目をもって遠くをみたいという思いとは繋がっているように思います。

 

向こうにひろがる宇宙の向こうを見てみたいという思い。

 

水晶透視の練習をするために大きな練り水晶を前に置いてのぞいた時の喜びと言ったら。

 

水晶球を手に入れたのは33歳でしたので、その面白さに出会ったのは

大人になってからですね。

 

30前後まで占いというものにあまり興味はなかったのです。