新月と夏至の遠隔ヒーリングうけたまわっております。

本日は夏至ですね。太陽の光が強まる冬至の反対側。今年もあと半年だ~なんて思う

タイミングでもあります。

 

そして収穫に向かって行く流れ。

 

このようなタイミングはとても身体が疲れたり、だるくなったりする方もいらっしゃいますね。

 

季節的にも梅雨の時期でもあるので体内での水分調節がうまくいかなくなったり

するんですよね。

そこから冷えに向かっていったり。

 

そして掃除などに意欲を燃やしたりする方もいるのかもしれません。(私だ)

 

新月と夏至が続いております昨日、今日。

 

お問い合わせをいただいて既に遠隔ヒーリングさせていただいておりまして

 

ご希望のかたがいらっしゃったら是非お気軽にお申し付けください。

 

 

本日の遠隔ヒーリングはムーンサイクルヒーリング価格にてさせていただいております。

 

そしてカウンセリングなどのついたセッションも通常の遠隔ヒーリングカウンセリングの

セッションよりお安くなっております。

 

先日体調不良で希望していただいた方々も

体調が改善し食欲が出てきましたとご連絡いただきました。

 

こちらでヒーリングさせていただいているともちろん内臓はお疲れのようですが

頭周りのエネルギーの変換が起こって

全身のレイラインが流れていかれたのですが

その付帯現象として痛みと解放が起こられたというニュアンスがありました。

 

遠隔ヒーリングはご自宅にて空いた時間に

受けていただくことが出来ますし、そのまま寝ていただくことも可能です。

 

ヒーリングでの様々なカウンセリングや起こったことはメールにてお伝えします。

 

カウンセリングありの方にもメールにてお送りいたします。

 

占い的なメッセージは基本ヒーリングが主体となりますので

あまりない場合もあります。

 

肉体変化が必要な方はすこしメッセージは少なくなる可能性あり。

よりエーテルやアストラルなどへのライトボディへが主体になると

メッセージが強めの場合あります。

 

案外と感想や気づきをシェアしていただく際に特にお言葉がないので

あまり体感がない方なのかな?とか眠られたということであまりお言葉をいただけない場合も

ありますが,後で伺うとたくさん体験されて

その体感が強烈で(変性意識になるため)クリックアウトされたりするようですね。

 

目覚めの際に、涙が出られて爽快感や解放を感じられたり

気づきと共に目覚められていらっしゃるそうです。

 

体験は様々なのですが、肉体がとても楽になったというお言葉はたくさんいただけますし

その身体の解放と気持ちや気づきを高める為に

コンスタントに、必要な時に受けたいただいている方は多いです。

 

 

お気軽にお申し付け下さい。

 

通常でもうけたまわっておりますのでお気軽に

必要かなと思われた際は受けてみてください。

 

次回の新月の際も行っております。

 

クリスタルなども必要な方は使用し、ヒーリング効果を高めさせていただきます。

 

本日の日中での遠隔ヒーリング夏至ヒーリングうけたまわっております。

 

何度目かの方はセッション後のお振り込み可能です。

 

基本初めての方は前払いですが

お名前、ご住所やお電話番号などお伝えください。

 

連絡確認させていただきましてセッション受けていただきます。

 

ご予約お待ちしております。

 

明日もカウンセリングありの方は割引とさせていただきます。

 

 

対面では90分のみとなります。

 

遠隔ヒーリングのみ   30分~40分 5,000円

通常   

カウンセリング付き   60分 7,000円 

90分  

 

対面ヒーリング  90分  12,000円 (通常のものとなります)

 

ほとんどヒーリングのお時間となります。

90分がお勧めです。

 

  

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Evan Hafer (水曜日, 01 2月 2017 06:30)


    I all the time used to study paragraph in news papers but now as I am a user of net so from now I am using net for articles, thanks to web.

  • #2

    Vince Dashner (木曜日, 02 2月 2017 22:47)


    It's awesome to visit this website and reading the views of all colleagues concerning this paragraph, while I am also zealous of getting know-how.