自分の気持ちに触れ、今ここに存在することへ

固定概念や先入観、そして自分が思うように世界をとらえてしまう傾向によって自分の意識思い込みが作る意識世界を作ってしまいがちです。

案外とそれが当たっているということあったりして、じぶんの直感、無意識の賢さに驚きを感じるものですが、そういうときはもう紛れもなく自分自身もその考えによって心身が自由であることを感じる事が出来るものです。自由とは

自ずから由っているということですから,自分を基点としながら世界との繋がり、対話を感じているということなのです。

 

セッションのお時間はその方にとって必要な方法で自分と繋がり、私たちがある空間、時空の中にあることを感じていただくように進めていきます。

 

ヒーリングのセッションの中にはフォーカシング的な手法で、ご自分のからだと関わりあい、気持ちやその身体やその身体の周りのサトルボディの空間との会話をしていただいたり、感じていただくことが合っている方もいらっしゃるのでヒーリングの中で誘導させていただいたりと勧めます。

 

そうすると罪悪感や苦しみを越えて、自分のよく知るところとの繋がりを回復されます。

 

つい頭で考えたり、先に結論ありきの傾向のある方はリーディングセッションだけでなく、ヒーリングのセッションのご検討もいただけると

ご自分の潜在意識、そしてご自分の新しい視点の発見、今起こっている体験を理解することがすんなりとご自分の中に収まられるようです。

 

今は自分では何もすることが出来ないという一般的に自己責任やしっかりと生きていかねばと思っている方には

否定したい思いの葛藤の時間でなく、それは今私には必要なことでもあるし、必要とは言えなくてもどうしようもないことなのだと思える強い意志ともなります。

そしてそこには強さが感じられたり、自分と身体、そして心、霊的な身体の側面との繋がりとともにあることを感じる、触れることができます。

 

その体験の中でもしっかりと全体像を眺めてられている知ることの体験をされることもあります。

 

そうなるとこれはもう体験に振り回されているということではなく、その体験と取り組む戦士や勇気あるヒーロー、ヒロインの姿をそこにみいだされます。

 

今、占星術的な視点では海王星と土星の90度がおこり、私たちに夢と幻想、そして現実や常識、そして枠組みとの中でジレンマが起こりやすくなっています。

その体験の中で魂、霊、そして高次元の愛によって私たちは新しい世界の枠組みをつくることが必要となります。秋から天秤座に移動することによって

その海王星によって苦闘する土星がより関係性の中でいかされていく流れとも言えます。そして5年ほど見るとそれが世界の形となる。

 

色々な面でいうと先行き不透明という言葉がよく聞かれますが、先行き不透明だからこそ、みえない、わからないからこそ

今に開いていることが大事であろうかとおもいます。

 

 

ヒーリング&カウンセリングセッションのご紹介はこちら