2016年水星逆行

水星逆行は実際的に水星は逆行することはないのですが、見かけで起こります。

この見かけで起こるということが勘違いやすれ違い、なんらかの迷いを生み出します。

太陽は逆行しません、月もね。占星術では太陽と月がとても大事な天体です。

月は慣れ親しんだ私、日常の心地よさなどを表し、太陽は創造性の発露です。

性格的なところは月や水星、金星が担っているともいえます。

性向はやはり月で見ることが大事です。太陽は30歳を超えてみないとわかり難いのではないかと思います。

水星は太陽に連れ従い移動しますが、この水星は月に表現を教え、太陽には情報、表現する方向性を与えます。

2015年は風のサイン(双子座、天秤座、水瓶座)で逆行が起こりましたが

今回は土のサインでその逆行時期の中で一番長く戻ります。

おっ、忘れ物したということです。

みていただくとサインの中で度数が変化していくのがわかると思います。

逆行する時期までに移動してきたが、その移動した分の度数分戻るということは何事かが逆戻しのようにもなるということです。

ある意味、振り出しに戻るというように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが基本的には注意勧告ともえますし、何度も推敲しなさいと言うことですね。

勘違いやすれ違い、情報の伝達ミス。パソコンの不具合などが起こります。

2016年は1月5日から逆行を始めます。この逆行始めと順行になったばかりの頃は特に連絡ミスや配達ミスなどが起こりますのでご注意くださいね。

水星逆行

1月5日21時46分水瓶座1度

1月26日6時40分山羊座14度

2回目は夏から秋に向かっての時期、これは乙女座の木星から、天秤座に木星が移動する時期ですので

乙女座について考えるという時期にもなりそうです。

水星逆行

8月30日21時49分乙女座29度

9月22日14時31分乙女座14度

乙女座の最後の度数から真ん中へ。てんびん座に向かう前の開放的になる自己の見直し時期。

3回目は2016年から2017年の年またぎで起こります。山羊座真ん中から射手座へ。社会の構成について学ぶ、考える。人間関係や組織の再編成。そして2016年始まりの山羊座の後半で起こったのですが、今度は前半で起こります。

水星逆行

12月19日19時59分山羊座15度

2017年1月8日射手座28度

土のサインは、牡牛座、乙女座、山羊座という3つのサイン(星座)なのですが。牡牛座では起こりません。

乙女座と山羊座という個人の完成を目指すサインと社会ということを意識したサインで個人的な内向きな要素でなく、外に向かっている土です。

どの方向に開き、自分自身がどの方向に向けて自己の能力や社会の中でどこに所属するのか?などを見直す年ともいえますね。

徹底的な変化や死と再生を表す冥王星は山羊座を移動していますので、2008年からの見直し

捉えなおす機会としてとらえていただくのも良いかと思います。

2016年秋からは天秤座に木星が移動し、活動宮に木星が移動しますので

ここ数年の大きな変化をよりひらかれた方向で動いていく。

自分らしさということを見直してください。

私は占い師ですし、牡牛座なのですがこの自分らしさっていうのがだいたいの元凶のような気もしています。この自分らしさは過去からの視点を持っているのなら未来からの視点でみないと

世界平和、内なる平和、望む人生を生きているという状況は創り出せないでしょう。

そして拘って停滞や内向的になり過ぎているものは見直してくださいね。