タロットパスワーク 土曜日

タロットカードと生命の木のパスワークの体験です。

 

私たちの見えない身体、ライトボディと関連する精神との繋がりを

毎月一度体験していただきます。

遠方のかたでご興味のある方もお問い合わせください。
対応するタロットカード・大アルカナを元にして様々なテーマに沿って、生命の木を上り下りしたいと思います。
タロットカードをお持ちの方はご持参ください。

タロットパスワーキング 日程

 

10月28日(土)19時~

11月25日(土)19時~ 女帝 11月19日(日)16時30分~ 女帝(追加)

以降 基本毎月第4土曜日  

参加費 3,500円

 

 

 

9月30日(土) 始まりの力 フールとマジシャン

タロットカードには様々な象徴言語が書き込まれています。

言葉を超えた私たちの無意識に語り掛けています。

そのタロットカードの世界に足を踏み出していくことによって、私たちは無意識の世界を広げ、自由に歩んでいくことによって、その集合無意識に内包される神話的世界を体験していきます。

 

 

 

 集団的無意識という概念は心理学者C・G・ユングによって今世紀になって創り出されたものです。人間の精神は、何十万年にわたる人類の経験によって形成され、影響を受けてきたとユングは主張する。

この経験の集約された本質が、我々一人ひとりの心の奥深く潜んでいる。

 

意識の下に、個人的無意識、つまり、個人の蓄積された経験と記憶が存在する。

 

そしてその下に、全人類共通であって決して個別化できない、集団的無意識がある。

「元型(アーキタイプ)」、集団的無意識の原始的で強力な心象が、夢や幻想の中に、神話の象徴のなかに、詩や宗教の中に表現されている。

 

タロットカード、一枚一枚に深く沈潜していくとそこに原始的元型ともいえる象徴と接触することが出来ます。

 

私たちは何故自分自身をその物語の一人として、イメージしてしまうのでしょうか?

知らぬ間に誰かと、ある人と同じような物語を生きてしまうのでしょう?

 

より深くその集団的無意識の象徴を体験することにより

その象徴的体験をすることにより、経験や記憶を書き換えていく体験を

パスワークで体験してみましょう。

 

トートタロット 序文を再構成しています。

 

 

タロットパスワーキングお申し込みメールフォーム

メモ: * は入力必須項目です