レムリアンシードクリスタル

レムリアの人々が後生に叡智を伝える為に

この水晶の中に宿っているといわれる水晶です。

 

1999年から2000年にかけて発見されて採掘されたものは、赤みがかった色がついた水晶が主流でした

 

ロシアの鉱床で発見され、その後にブラジルで発見されました。

 

レムリアンレッジと呼ばれるバーコードのような条線やその上にレコードキーパーと呼ばれる三角形の形が浮かび上がっているのが特徴。

そして赤みがかった色をしています。

白い布を敷き撮影しています。
レムリアンシードの個性は条線や色にもありますが、そのフォルムであり、形です。
通常の水晶より存在する場が違い、小さな宇宙船のように感じます。

      

こちらのレムリアンシードはオーラの次元でとても柔らかく暖かい波動です。
しかし、みた感じはとてもシャープで存在感があります。
わたし的にはかっこいい、クールだ、渋いぜとか思いながら眺めます。
レムリアンシードクリスタルを感じているとハートの多次元に開かれます。
もし恐れながらその世界を行かないといけない時に、
わたしの視点に、恐れや不安によってフィルタをかけず、わたしがわたしであることによる認識をし、選択することを励ましてくれているようです。
だからこその結果はわたしが導いたことであることの責任を促されています。
世界の多次元性というだけでなく、それぞれの人による世界の見え方の違いがある多様性の世界であること。
そして世界は生成されて、揺れ動いているということ。
生み続けることの行いにある尊いことを教えてくれます。それは限りあるということ。
そしてわたしがわたしの考えを行動にしていくことの勇気を促されています。
言葉を超えたヒーリングの作用が働いている時は、言葉にせずいることが大切でもあります。
このクリスタルシードを眺めている時間、その時空の中で、背骨からハートのちゃくらの後ろの活性化がもたらされています。
 
ヒーリングは、言葉を超えた未来的な働きです。
言葉にしないことも未来に導かれる働きの中にいることになります。

レムリアンシードクリスタル

レムリアンシードクリスタルでのヒーリングやメッセージをお伝えしています。

お気軽にお申し付けください。

セッションメニューについてはこちら

 

 


大阪・愛媛・伊豆・福島県裏磐梯 クリスタルヒーリング&クリスタルチャネリング

クリスタル講座 アストロシャーマン・コダマ凜