クリスタルを使用したヒーリングセッションのご感想

クリスタルを使用したカウンセリング&ヒーリングセッションのご感想を再掲します。

以前のものが不掲載になっていたため。そして読みづらいものを原文を変えない範囲で読みやすく変更しました。

 

 クリスタルヒーリングを受けてくださったからの体験談をご了解を得てアップいたします。

 

お話を伺い、リーディングや見守りでのアドバイス的なことをお伝えしている内容です。

3回継続的に受けていただきました。

 

対面、遠隔、対面でセッション。

 

ご本人との守秘義務から書かせていただける範囲での解説をさせていただいています。

これからの人生のビジョンの探求という側面の体験をされていました。

 

全体的に静かなセッションだったと思います。

 

1,2回目はビジョン的なもの視覚が強く発揮される体験だったとのこと。

 

1回目

 

関係性の中で色々な人の姿や考えがオーラにありしんどい感じを外すようにクリスタルを並べて進めました。ライトボディにある様々な想念や関わりの浄化が起こりました。

他者とご自分の意向の中で互いが葛藤し、コントロールしているような関係性が見える。

お腹の辺りが緩んだとのこと。第3チャクラのあたりにその葛藤があり、その葛藤が解除されて緩んだことを感じられています。

 

終わってからほとんど眠っていたようだが、気配は感じていたとのこと。

 

(クリスタルヒーリング中は身体が眠るのですが、意識は起きている。変性意識に入ることでヒーリングが起こります。

幽体離脱に近い感じを受けると思います。身体とオーラとチャクラのバランスが起こるため、より自由さを感じることが出来ます。)

 

第3の目の辺りやこめかみが開いて頭のあたりがとても楽とのこと。

 

コントロールや見極めようとしていたかもしれませんね。

 

創造性や喜びの感覚が大事な方であるが、そこが発揮できなくなっていたとお伝えすると納得されていました。確実性という曖昧なものを求めているよう。そして既にあるビジョンや考え方にとらわれてその価値や思いに縛られてしまっていたかもしれません。

 

表情も柔らかくなり顔が開いた感じ。明るさが深いところから出ている。

ご本人もその表情の変化を喜ばれていました。

 

2回目は遠隔。一回目を受けてから、周りの人に若返った、もともとの貴方らしい光がもどってきたといってもらった。とのこと。

 

セッション前回の模様替えをしてくださいとお伝えしていてそれを実行することによって部屋がまた好きになった。とのこと。

 

セッション中にその模様替えをしたお部屋の状態が見えてくる。

部屋、場が悪いという印象。

淀み。ご本人もここにベッドがあってはならないという言葉が浮かんだという。

 

寒さ、冷えを感じる、チャクラを整える。終わってからもご本人も寒くてお手洗いに立ったとのこと。

 

その気配はこちらも感じる。

 

色々な景色や人が現れては消えたとのこと。引越しではないが、模様替えは必要であると確認。

終わってからもう一度場を整えるという気持ちがよりましたとのこと。

 

模様替え。実感が大事。解放されることによってご自分のよりよい場所、感覚を模索するテーマが浮上。

 

3回目は、このセッションの前にタロットのリーディングをさせていただいています。

 

運気などを整え心の整理。

 

そのカードでは、今はまずは行動である。プロセスと自分が楽しいと思うものを

 

自分のものにしていく為のプロセスを踏むこと。中途半端で投げ出さない。

 

これだというものにしがみつくぐらいが必要であるとタロットにて確認。

 

外に素敵なものがあるのでなく、自分が素敵だと感じたものをもっと信じて

 

その気持ちを保ちながら、より育てていく。など時期的なお話をする。

さてクリスタルヒーリングのセッションはというと身体の上側、頭のほうが広がっていきます。意識の拡張が起こっていく。

 

そこにサポートの石、望まれる石を配置していく。

 

これはオーラなどや見えない身体のそれぞれのエネルギー体を確認し、

 

聞きながら配置します。石さんを眺めていると「私行きます」と手を上げているように感じたりも。

 

言葉や概念先行型という言葉が浮かぶ。しかしそこに違う体験を求め、からを壊していく、変化を起こしたい。混乱状態から整えるという流れ。

 

ご本人から第3の目の辺りが重い、おいてほしくないという言葉があり石を外した時間がありました。

 

それは、始めは置いてもらって、とてもいい感じのグラウンディング感を持ったが、しかしそこから閉じ込められるというような苦しさを感じてしまったとのこと。この感じていらっしゃる時間はとても不思議な時間だったんです。オーラというか。

見ていくとハートに過去の関係性や記憶がみえます。、そこを解放するように

ハートに石を配置していく。過去のことですよと語るように。去っていく。

終わってから、第3の目あたりがなぜ苦しかったのでしょうかという問いがあり、

 

おいてほしくなかったようですよと。第6チャクラも喉も不要といっていました。

 

(最後はそれぞれに適すると思われる石をのせ、安心感が増しました。納得する)

 

それにはまず、ハートが安心することが大事。ビジョンを求めているのではなく捨てようとしている。

今、わかりきることをやめようとしています。

 

自分を納得させる情報を外界を見極めようとするのでなく、自分が安心し感じることを大事にする。

 

プロセスの信頼をハートから未来的に求めているからだと思います。

 

今までとは違う現実の対処を体験したいのではないでしょうか?と

 

お伝えしたところ。そうだと思いますと。

 

 

 

タロットセッションの経過の中で、やはりご本人も納得とのことです。

 

腑に落ちたとのことです。

 

最近ずっともう今までどおりではもううんざりしているのです。

 

3回受けていただいてお部屋の模様替えをしてみてわかったことは、

 

自分が同じ景色で同じ空気をなんとか守ってきたのだとわかった。

 

なんとなくしがみついていたように思いますと。

 

部屋の新しい魅力を発見できて楽しかった。雰囲気が変わったんですよと。

 

心や不要物も捨て身軽になったし、変えてみたら部屋が又心地よくなったし、思ったほど怖くなかったし、よく眠れるようになった。安心感が増して、もし引っ越すとしたらということで自分のこれからの計画やビジョンをもっと

 

現実に落としていけることを考え始めている。とのことでした。

 

上記タロットの内容がそのご相談だったんです。

 

3回のセッションは二ヶ月ほどの期間でした。この時期は職場も変わられたのでめまぐるしい変化もあられたのですが

 

見る見るキラキラされていきましたし、身軽になるのを拝見できました。

セッションを受けていただくにもいいタイミングだったのだと思います。

が、クリスタルヒーリングはタイミングをうまく乗りこなせるようになるセッションでもあると思います。タイミングを作り出すということ。

まず、ご本人も第3者的にも現実でリラックスされているのを感じることが出来ます。

 

ここにいることが楽になります。

 

クリスタルヒーリングは個人でまったく体験は違いますし、横になって終わりでもなく傷ついた体験を確認するものでもありません。

 

癒しの側面でなく、今回のWさんのようにチャレンジすることを選択することを求める意欲を得られる場合もあります。そして蓋をして抑えてきたものが自分が向かいあい、そして現実の歩みの中の生活に落とし込んでいくことも必要です。

 

ご本人もそれを受け取るだけでよく、努力や意識を変えようとする努力はいらないのです。クリスタルの意識の世界に触れて、意図が変化します。

そして意識や価値に新しい光がさすことによって古くなってしまったものや不要なものは退いていきます。コントロールは不要です。

 

プロセスという現実の歩みを確かな手ごたえを得ていただけます。

 

アップを許可していただいたWさんありがとうございます。